葬儀を執り行う過程で|もり葬祭セレモニーホール

ご依頼・ご相談・資料請求は0120-364-242。24時間365日いつでも受付。

HOME > ご葬儀の流れ > 葬儀を執り行う過程で

葬儀を執り行う過程で

1.臨終に於いて

家族(関係者)は、医師より正確な死亡時間を確認します。 
病院は、死亡後すぐに看護士により衛生のため死後の処置を行いますので、家族は処置後に着せる清潔な衣服を、あらかじめ用意しておきましょう。 
家族は、葬儀社に寝台車を依頼する際に、“寝台車がお迎えにあがる時間はいつと伝えればよいのか”を病院から聞いておきます。

葬儀ワンポイントアドバイス!

死亡診断書と火葬許可書
葬儀を執り行うにあたり必要となる「火葬許可書」は、市町村の役所へ死亡届を提出する事で発行されます。
そのために病院が発行する「死亡診断書」が必要となるのですが、これは昼夜の時間を問わず病院より発行していただけますので、家族は必ず受け取ってください。 
家族より「死亡診断書」を預かった葬儀社が、家族了解の上で市役所及び火葬場の手続きを代行で行います。

2.寝台車を依頼

葬儀を依頼する葬儀社へ連絡を取り、寝台車自動車を手配してもらいます。 
依頼する際は、“病院名・病棟・病室番号・故人の氏名・迎えにあがる時間・帰り先・携帯電話番号・宗教”などハッキリ正確に連絡を しましょう。
寝台車到着後は、「死亡診断書」を持っている人が寝台車に同乗し帰宅 (もしくは安置場所へ移動)します。

葬儀ワンポイントアドバイス!

安置場所
寝台車が到着後、ご遺体を安置場所へ搬送しますが「自宅ではなく、どこか安置場所を紹介してほしい」という場合は、寝台車依頼の際、その旨葬儀社へ告げましょう。
これ以後の、葬儀社との打合せ、見積もり、納棺などのためにも安置場所は必ず必要です。
できれば葬儀社への「事前相談」で決めておかれる事をお薦めします。

3.葬儀社と共に自宅(あるいは安置場所)に到着。

まず安置する部屋を決めます。
家族は、仏教の場合、北枕もしくは西枕になるように決めます。
その後、葬儀社は宗旨に合った枕元飾りを施し、ご遺体には保存用のドライアイスで処置をします。

4.葬儀社と葬儀の打ち合せ、見積もり

主な打ち合わせ内容は、以下の通りです。

  • 「日時の決定」
  • 「プランの決定」
  • 「葬儀を行う式場の決定」
  • 「葬儀委員長や葬儀役員の決定」
  • 「喪主の決定」
「日時の決定」
火葬の許可は法律上死亡後24時間経過しないと行政より許可がおりません。
「プランの決定」
葬儀の予算や弔問者・会葬者の人数、故人の遺言、家族の希望などに沿って決めましょう。
「 葬儀を行う式場の決定」
火葬の場所(斎場)や弔問者・会葬者の状況、家族の希望なども取り入れ決定します。
「葬儀委員長や葬儀役員の決定」
必要かどうかも葬儀の規模や状況に合わせ決定します。

葬儀ワンポイントアドバイス!

供養・料理
供養とお料理の数は少し多い目に準備しておくとよいでしょう。
供養は、葬儀社の方でも余分に用意しますが、料理となると返品はできませんのでお客様の考えひとつとなります。
追加注文が時間的に間に合わない場合、我慢するのは当然家族の方となり、周りの誰もが気を遣う事になります。
お膳が余った場合、持ち帰る事もでき(夏場はお尋ねください)供養は使用数での精算となりますので残った場合は返品できます。
但し、これらは葬儀社によって対応が異なりますのでお訊ねください。

5.菩提寺へ連絡

家族は菩提寺(先祖代々の位牌を納めてある寺)、檀家(寺に墓地を 持っているお家)となっているお寺があれば、お勤めをいただくために葬儀の日時、葬儀の式場となる場所を正確に伝えます。
枕経のお勤めをいただく場所(自宅などの安置場所)と通夜・ 葬儀告別式を執り行う場所が異なる場合は、その旨も伝えます。 
また、法名・戒名をいただく準備として「故人の死亡月日・俗名・歳・喪主氏名・連絡先」なども正確に伝える必要があります。

葬儀ワンポイントアドバイス!

寺院の紹介とお布施袋
家族が「寺院とはお付き合いはないけれども、お経はいただきたい」と希望される場合、葬儀社に相談しますと、多くの葬儀社は宗派にあった寺院を紹介します。
また、お布施袋が必要な場合やお布施袋の表書きや裏書きの書き方がわからない場合、葬儀社に申し出ますと快く代筆してくれます。

6.葬儀の謹告

家族は、故人が生前お付き合いの合った親族・町内会関係者・学校・会社・友人・知人の方々へ死亡した 日時を伝え、お通夜・葬儀を行う日時・場所・宗派、そしてお香典を辞退する場合はその旨をお知らせします。

7.葬儀社と家族による湯灌・納棺

湯灌とは、故人の体を洗い清める儀式を行います。 
葬儀社主導で旅支度(着替え)を家族が交代で整え、納棺(棺の中に故人を納める儀式)を行います。

葬儀ワンポイントアドバイス!

副葬品
お棺の中に納める副葬品は、火葬時に支障をきたさない可燃物に限られています。
例:故人愛用の洋服、着物などの衣類、愛読書、趣味のゴルフのピン(木製)や釣竿(竹製)、好物だった食べ物(腐りやすく水分のでる物は不可)など。

8.お通夜

通夜とは、家族や知人が冥福を祈りながら、故人の側で最後の一日を 朝まで過ごす事を意味します。 
家族・親族は通夜式の定刻1時間前になると、着替えなどの準備にかかり、遅くとも定刻の30分前には、祭壇前に集合します。
その際、葬儀社から指示がありますのでそれに従い、静かに待ちます。

葬儀ワンポイントアドバイス!

通夜司会
スムーズな進行を行うための通夜の司会者が必要かどうかは、親族と弔問者の人数にもよりますが、やはり一般葬は必要と考えてよいでしょう。
一般葬の場合、通夜に司会者が進行する事で、弔問者が式場を後にするタイミングがわかりやすい、 疲れがピークの家族・親族への計らいが自然な形で行われるなど、適切な時間の区切りが、当家側にとっても弔問者側にとってもよい形で行われます。 (葬儀社のプランにより、通夜司会が含まれるかどうかは異なります)

9.通夜ぶるまい

通夜式終了後、弔問者の中で時間に余裕のある方には残っていただき、お料理などで接待をします。費用のかけかたは地域により大きく異なります 。
葬儀の打合せの際に葬儀社に訊ね参考にするのもよいでしょう。一般的にはオードブル・お寿司・おにぎり・炊出し・おつまみ、お酒類や ジュースなどの料理や飲み物を用意します。
料理店に料理も飲み物も手配をされる方、飲み物やおつまみは近隣の店で用意をし、料理だけを手配される方などさまざまです。 
注意:お酒を勧める時は、車を運転されない方に限ります。

10.夜伽(よとぎ)

夜伽(よとぎ)とは、故人の側で葬儀当日の朝まで夜通し過ごし、親族が交代でローソクやお線香の番をする事を意味します。
この頃には葬儀に参列する親族がわかりますので、通夜から葬儀当日までの間に焼香順位を決定します。

11.葬儀・告別式

葬儀とは故人を弔う(霊をなぐさめる)儀式で、告別式とは親族や知人が最後の別れを告げる儀式を意味します。

  • ・通夜式と同様に親族は、定刻の1時間前に着替えなどの準備を始めます。
  • ・開式40分前になると、葬儀社より親族の記録写真や式次第の説明があるため親族は式場入りをします。司会者からも事前に案内はありますが、携帯電話はマナーモードに。祭壇に近い席の家族・親族は特に気をつけましょう。
  • ・定刻より、司会者の「開式の辞」よりしめやかに葬儀が行われます。
  • ・葬儀に続き告別式へと移行します。儀式の時間は約40分。
  • ・儀式終了後、故人とのお別れ(棺へお花を手向ける)をします。
  • ・お別れの後、葬儀委員長・喪主より謝辞を述べます。

12.火葬場へと出棺

霊柩車へとお棺を乗棺後、あらかじめ手配をしている車(自家用車・タクシー・マイクロバス)に速やかに乗車します。
自家用車で向かわれる方は、火葬場までのコースを事前に打合せしておきましょう。

葬儀ワンポイントアドバイス!

会葬者への気配り
出棺時なかなか車に乗られずにいると、雨の日、寒い日、暑い日の状況でも、ただじっと待つしかない会葬者に対して失礼となります。
必ず前もって、火葬場に行く・行かないかの希望を聞き、誰がどの車に乗るか決めておきましょう。

13.火葬

炉前にて仏教の場合は、僧侶にお勤めをいただき焼香にてお別れをします炉前にて神式の場合は、神官に祝詞をいただき玉串にてお別れします葬儀社は家族・親族に拾骨の時間を告げますが、火葬場により火葬の時間は異なります。 
注意:火葬場内は、写真撮影やビデオ撮影は一切禁止です

14.精進落し

席を設けた場所で、喪主より親族に対し不幸に至った報告や会葬に対する御礼を述べます。
また、家族は料理店に手配したお膳を親族にふるまいます。

葬儀ワンポイントアドバイス!

精進落しの会場
公共の斎場内の式場では、会食のための部屋がない所もあります。
その場合、近くの料理店で行う事になりますが、葬儀社に相談しますと、お付き合いのある最寄の料理店を紹介します。
(ほとんどが送迎バスあり)

15.拾骨(お骨あげ)

火葬の際確認をした拾骨時間に遅れないように(時間厳守)火葬場へ向かい、所定の場所で集合します。葬儀社も同席の上、拾骨を行います。 拾骨時、埋葬許可書を、火葬場の係りの方より必ず受け取りましょう。 後日、埋葬料(市町村により異なりますが3万~5万円)を市町村より受け取る際の証明になりますので大切に保管しましょう。 注意:再発行はききません

16.式当日に初七日(神式では十日祭)を行う場合

仏式では、初七日の法要をいただきます。 
神式では、帰化祭や十日祭の祭り事をいただきます。
最近では、初七日を拾骨(お骨あげ)後、つまり葬儀と同じ日に行う当家が大半です。" 葬儀で集まった親族が初七日のために再び集まるとなると日にちの調整が難しい"という事が大きな理由です。
初七日のために式場が引き続き利用可能かどうかは、葬儀社にご相談ください。
また、お寺様の都合や葬儀社側の段取りもありますので、葬儀社との打合せ時までに決めておきましょう。

【もり葬祭セレモニーホールについて】
【ご葬儀プラン】
【ご葬儀事例】
【当会館以外でのご葬儀について】
【お役立ちコンテンツ】

Copyright (c) 2009-2018 mori-sousai.jp All Rights Reserved.