ブログTOP » ご近所とのお付き合いを考慮した葬式

ご近所とのお付き合いを考慮した葬式

長年住み慣れた地域でご近所との付き合いもある中、家族を見送る時に、葬儀を離れた場所で行う場合や、あるいは地域集会所(公民館)で家族・親族だけでの「家族葬」をと考える場合に、ご近所との最後のお別れをどのような形で行えばよいのか、と相談される事があります。

家族が共に住み、故人亡き後もご近所との関わりが続く場合、離れた場所で葬儀を考えるお客様には、特に「何らかの形でお別れをしていただく方がよいのでは」とアドバイスを差し上げます。
なぜなら、お別れがないまま葬儀を行った場合、葬儀終了後しばらくは、不幸を聞きつけ、「手を合わしたい」と訪れる方もいらっしゃるからです。このような状況は、葬儀での疲れが残る中、時間的にも、精神的にも気持ちに余裕がなく、ゆっくりしたいと考える方には重荷になる事もあるようで、どちらを選択するかはお客様次第となります。

最も自然な形として、ご自宅での安置時に来ていただきお別れをしていただく、またはご自宅から式場へ向かわれる際の出棺時にお別れをしていただく、がよろしいでしょう。
そのためにも、ご近所に一言その旨を伝えておかれますと、当家の意向も伝わり、ご近所の方も迷うことなくご自宅へ弔問に訪れやすくなります。

また、地域集会所に於いて葬儀を行う場合、「家族葬」をと考えるお客様も増えてきているのですが、結果、家族葬とも一般葬とも言えない"こじんまりとした「小規模葬」"となったお客様も少なからずいらっしゃいます。
事前の打ち合わせでは、家族・親族だけでの「家族葬」と固く決められていたお客様が、ご近所に不幸を告げていく中で、状況が変化した事もありました。
理由は、"当家がご近所を気遣い考慮された"結果でした。

その形は、昔ながらの関わりのある多くの方が訪れる一般的な葬儀ではなく、あくまでも家族、親族を主体とした"こじんまりとした葬儀"で、費用や内容も当家の希望通りに進められ、変更点は深く親交のある方やご近所などこれからも親しくお付合いのある方がみえられるようになった事だけ。

葬儀終了後、「これからのお付き合いを考えると、むしろこのような形で良かった」との感想を伺いますと、"「家族葬」「一般葬」とあえて線引きしない葬儀の形も、お客様の意図する葬儀"である事を実感します。


地域集会所(公民館)での葬儀
blog024a.jpg

blog024b.jpg

△ ページTOPへ戻る

Copyright © 2008 mori-sousai All Rights Reserved.